インド占星術全10回コース

image

インド占星術基礎講座

基礎講座は全10回コースで以下の予定で行います。但し日時が変更になることが あれば、事前にメールなどでお知らせします。

スケジュール
4月12日から8月23日まで第2、第4 水曜日、18時30分〜20時30分
1回目 4/12 インド占星術とは?、12星座の特徴、インド占星術の特徴
2回目 4/26 惑星(1)ー惑星の象意
3回目 5/10 惑星(2)ー惑星の分類と強さ
4回目 5/24 ハウス(1)ーハウスの象意
5回目 6/14 ハウス(2)ーハウスの分類とコンビネーション
6回目 6/28 様々なヨーガ
7回目 7/12 ナクシャトラとプラシュナ(ホラリー)など
8回目 7/26 ダシャー(ヴィムショッタリ・ダシャーを中心として)
9回目 8/9 トランジット、アシュタカヴァルガ、分割図
10回目 8/23 全体のまとめ

基礎講座は、インド占星術の基礎的なことを中心に学びます。従って基本的なポイント や原則を覚えることが目的です。

料 金: 1回毎5,000 円
一括払い、45,000 円(定員10名)

3月末までの早割特典!3月末までにお申し込み頂きますと一括払いがテキスト込みで40,000円になります!(4/1からは一括45,000円になりますのでお早めにご予約ください)

どうしてもODCの講座に来られない日の振り替え補講が第2日曜日西宮にて補講可能です。(3回のみ)

テキスト代 3,500 円(税込)
※テキストは、受講者全員に購入していただきます。但し一括払いの方は 2,000 円。これ以後の資料等は無料です。

再受講者、1回 3,000 円(ただし、下記の条件あり)
※再受講者は、前回までの講座で7回以上参加された方、および一括払いの方を対象としています。

講師 内山真月(うちやましんげつ)

真月先生からメッセージ

インド占星術は、『光の科学』とも言われ、その歴史は大変古く、昔の聖者、賢人たちが深い瞑想の中で受け取ったものを体系化したものです。

現在でもインド国内などでは、仕事や結婚の時期、また結婚相手との相性など、インド占星術を人生に活用しています。

しかしインド占星術が日本に入ってきたのはとても新しく、インド占星術に関する文献も数えるほどしかありません。

そのため、日本国内でのインド占星術の認知度はとても低いのが現状です。

インド占星術は、ヨガやアーユルヴェーダと共に、「ヴェーダ(知識)」を学ぶための補完学と言われています。

ヨガは近年、世界的にもブームとなり、広がりを見せていますが、アーユルヴェーダやインド占星術は、日本ではまだまだこれからという感じです。

インド占星術では、例えばある人を鑑定するとき、その人の出生図(チャート)を作成します。

チャートは、人がこの世に誕生した瞬間の天体の配置図です。

この天体の配置図は、過去生からのカルマや、今生で目指すべき課題などを惑星が記憶しています。

惑星が語っていることを知ることで、人生という道の指標となり、明かり(光)となりますように願います。